FC2ブログ

何をやってもダメなので、とりあえずブログを書いてみる。

【とりあえずお金に関するお話】

~何がいけないか、わからないお話~


さなえちゃん(仮)と私は福井の飲み屋街の同じクラブで働いておりました。

年齢もタイプもよく似た感じ(実は全然違うのだが)なのでセットで扱われることも多く、自然と「仲良し」みたいな雰囲気になり、お店が終わった後も二人で飲みに行ってあれこれ相談というかダラダラお喋りをするような仲でした。



さてある日、さなえちゃんのお願いなら、下着の練習台なんて少し恥ずかしいけど、と指定された「先生のお宅」に行くと、
少し派手・・・というか頑張っちゃってる感じのマダム風のおばちゃんとさなえちゃんがいて、なんでも補整下着の販売員になるための資格をとるためとか何とかで私を練習台にしてあれこれやっております。

今日の私はマネキン。

それだけだと思ってぼんやりしていた私に、その補整下着を練習台として着けていた私に、
二人が目をキラキラさせて言いました。

「じゅんちゃん、すっごい素敵!!」
「ほら、きちんと下着着けるとこんなに変わるのよ!!!」

・・・

「私もこれずっと着けてるんやけど、ほんとスタイル良くなったしもう手放せないもん」
「あなた、これが着けないでいた時の身体のライン、ほら、年取ると、こんなに崩れちゃうの」

・・・

「私、じゅんちゃんのこと大好きだし、じゅんちゃんもずっとキレイでいてほしいなあ」
「今は若いからいいけど、年取ってからね、本当に、違うから!」

・・・

当時の(と言うかこのやり方だと今でも)私にとてもこの場で購入を断ることはできず、(30万くらい)

さらに着用の仕方指導を受けねばならぬとのことで何度か先生の家に通うと「よりナイスバディになるためのサイズ一式」を注文させられ(また30万くらい)

さらにさらに、指導員の資格を取れば販売ができるし自分の店が持てるからなどと始まって(多分資格を取るのにすんごい¥がかかると思われ)

そもそもさなえちゃんの義理で買ったような下着だったのでスタイル云々はどうでも良かった当時の私はもうこりゃたまらん、と後から頼んだセットも受け取りに行かないで(だって行ったらどうせまたなんか契約させられるんだもん)二度と先生さんの家には顔を出しませんでした。



・・・そんな途中で投げ出すヘタレな私にもさなえちゃんは優しく、変わらず飲みに誘ってくれました。

「じゅんちゃん、とっても美味しくて体にいいドレッシングがあるんよ」

「みんなでさ、豪華客船に乗ってワインなんて、ね、素敵じゃない」

ま、わかる人にはア○ウェイなどと言わなくてもわかるわけですが。

当時の私は、なんかさなえちゃんすげーなー、くらいにしか思わなかったわけで、ただ、本当にビンボー学生だったからちょっとドレッシングとか・・・塩ふればいいかな・・・くらいであまり考えず純粋に断るに留まったわけでして。



そんなある日さなえちゃんが少し困ったような顔で私に言います。

「じゅんちゃん、30万貸してもらえないかな、お給料出たらすぐ返すし」

補整下着のローンの支払いも50回払い(笑)でそれほど深刻ではなかったし、なんやかんやで貯金が33万。

学費の支払い時期ではなかったしまあまあ、きちんと返してもらえれば今すぐ必要なお金じゃないから、と気軽に貸してしまいました。

貸した途端に、さなえちゃんはお店をやめて、もっとお給料の高いお店に移ってしまいました。

お店の女の子はあまり彼女のことを良く思ってなかったらしく「アイツ、変なカタログ持ってきてなんか売りつけようとしなかった?!」「そうそう、たっかい洗剤とか、ドレッシングとか!」

・・・・

「お金の話とか絶対したらあかんよ!」「じゅんちゃん、そんな話されなかった?!」

・・・・貸してます、ハイ。

でもちゃんと返してくれるもん。待ち合わせしてるもん。

久しぶりに会ったさなえちゃんは少し派手な感じになって、ごつい車に乗ってきました。
「久しぶり!はい、とりあえず半分、ありがとうね」
さらっと、しか会話はありませんでした。


「あの子、ブランドのバッグ買うのにお金ほしがってたんやよ、じゅんちゃんそんなん、貸したらあかんって」

お店の女の子に言われました。バッグか、もっと困ってたのかと思ってたけど。


それからさなえちゃんとはなかなか連絡が取れなくなります。
さすがに15万、段々心配になって電話を鳴らしますが出てくれません。


仕方がないし、本当に困っちゃったのでさなえちゃんが働いているクラブに電話をかけて、電話を取った方に事情を話して、彼女にかわってもらいました。

彼女はなんだか不機嫌で、何だか私は悪者みたいな雰囲気です。

「わかった、払う」そんな感じで、お店から出てきてぶっきらぼうに私にお金を渡して、フン、という感じで戻っていったさなえちゃんは、派手を超えてキツいお化粧で、なんかゴージャスで、近寄り難い感じでした。

それっきり、もう一緒にお酒を飲みに行ったりすることも電話ではなすこともなくなっちゃって、なんか、嫌われちゃったなあ、くらいにしか当時の私は多分思わなかったかな。



お金を貸した方が何だかしんどくなってしまった、そんなことはこの先アホほど経験することになるのでこの時のことなんか些細なことです、結果返ってきてるんだし。


ただ、あの時の不機嫌そうなさなえちゃんの顔が正直つらかったです。じゃああの時どうすればよかったのかなんて未だにわからないわけです、どうしたら仲良くし続けてもらえたかなんて、


私「側」の人間はきっと絶対わからないわけなのです。


自分をいい人キャラだーとか言いたいわけではなく、これはもうそういうもんなのです。



スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
まずはここから♪

じゅんちー@畑と二胡とにゃんたと歌と♪

Author:じゅんちー@畑と二胡とにゃんたと歌と♪
.
.
.
.
ようこそです☆

人生を楽しんでいますか?時々振り返ってみたりして。

とりあえずま、
一寸一服。。。。


アングラな世界で生きてきた私のブログです。

存在自体がインモラルなのでアダルトカテゴリにしていますが、
更生中。(笑)



うんこみたいな人生かもしれもせんが、
うんこみたいな経験とともに、
うんこみたいな人も沢山見てます。


おかげで強くなりましたが弱く脆くもあります。

弱くなれる場所をさがしています。



好意的な方限定。。。


時々出てくる猫は愛する息子にゃんたくんです。
よろしくねえ☆


畑を耕し、野菜を作っています。

魚を捌いて料理するのが好き。


第九歌ってます。
(2018年は10月14日にやります。聴きに来て~群馬ですが)

最近は二胡頑張ってます。
ライブの様子などなどもこちらでどうぞ。

野菜ブログは、「野うさぎ倶楽部へようこそ」まで。

カテゴリー
カウンター
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
メールフォーム
メールはこちらから☆

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
メッセージボード
- 気まぐれ一言☆ -




BY ”わたし”
.
.
野うさぎ倶楽部
私のもう一個の健全ブログ。 野うさぎ読むときゃここへ行け!!!
野うさぎ倶楽部
いろいろ


いつでも里親募集中

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ